グラブルでやったら駄目なこと(ツール関係)

BAN

さてさて、明日はいよいよ古戦場。

私は44〜48箱ほど掘る予定ではありますが、古戦場を頑張る団であれば初日数期間は肉集めに奔走するはずです。

そんな時に「(操作面で)ちょっとでも楽できたらいいな〜」なんて、思うのは自由ですが、そこで安易にツールに手を出したりしたらマズイですよ!

私は過去にツールを使って数回一時利用停止を食らった経験があります。(1回で学習しましょう)

よくヤフオクなどでツールを販売している人がいますが、内容次第では使用をして一時利用停止、最悪は永久停止にされる可能性もあるので、その点を少し経験者として切り込んで行こうと思います。

恐らくですが、スマホをメインにプレイしている方はツールとは無縁だと思うのでスルーしていただいても構いません。

 

まず、私の知っている範囲内でのツールは大まかに3種類

1、外部救援補助サイト

2、マクロツール

3、ブラウザやその他外部ツールを利用してのグラブルを便利にする便利ツール(マクロとは別)

この3種をひとつづつ見ていくとしましょう。

1:外部救援補助サイト

これは(実は)多くのグラブルユーザーが利用しているものではないでしょうか?

例えばYahoo!のTwitterにおける特定ワードを選別してリスト化したり、参加したいマルチのボスを選択し、Twitterの参戦IDなどをリスト化など。

中にはウィンド起動をしてのツールという存在も認知しています。

そういったものはCygames側で公認しているのかどうかは分かりませんが、セーフ、もしくはグレーゾーンだと思います。

それがなければ、みんなすくすくと武器を揃えて成長するのも難しいですし、グラブル内の救援だけでは正直非効率が過ぎます。

また、自力で倒しきれない人などの救援依頼側からしたら、それこそ人が来ないことにより処理が出来ない状況になります。

自己を正当化するようですが、外部救援ツールが無くなってはグラブルの終わりでもあるのではないでしょうか。

私は利用してもいいと思います!!!(※利用は自己責任で)

 

2:マクロツール

これ。これが言いたいの私は。これはやったらアカンですよ!

たまに聞く「UWSC」という類もそうですが、私は「KeyClick」というツールを使用して利用停止を喰らいました。

もちろんそれら以外にもグラブルで便利なマクロはあるでしょうね。

恐らく、グラブル側では、『画面の特定のピンポイントを不定期かつ連続してクリックしている』という微細な判定も判別出来るので、「マクロで放置してポーカー楽勝〜!」とかは余裕でアウトです。

私が使用した「KeyClick」というソフトは、『キーボードやマウスでクリックしてる間に特定のキーを推すことにより、その場所を記憶し、設定されたキーを押せば、設定したところにマウスのカーソルがワープしてクリックする』という、非常に手動性が強いソフトです。

『これなら大丈夫やろ〜』なんて呑気にスラ爆してたら見事に私が爆破されました。

思っている以上に運営はこういったツール対策に力を入れているようですね。

私はもうやりませんので、みなさんもマクロツールには要注意です。

 

3:ブラウザやその他外部ツールを利用してのグラブルを便利にする便利ツール

恐らく、これもグレーゾーンというところでしょうか。

中にはそういったツールの利用をしている人をお断りとする団もあるそうです。

(使ってます!なんて公言する人もそうそういないとは思いますが)

私も存在は知っていますし、大変便利なのも知っています。

例として、集めたい素材をグラブル外のウェブ画面内に表示して常に可視化現AP、BPの可視化など、その他非常に便利な機能が付いているようです。

詳細は分かりませんが、中にはバトルの結果をスキップしたり、加速化?なども出来るものもあるそうですが、そういった『ゲームバランスを崩す』ものに関してはアウトな模様ですね。

しかし、そういったツーラーが多い現状を把握しているのか、グラブル運営側でも近々、上記で挙げたアウトではない可視化系の機能をデフォルトで盛り込むそうなので、次第にはそういったツールを利用するメリットが薄れていくのかもしれません。

この3に関しては、利用は自己責任。そういったツールの名前も明かしません。

しかし、アウトな機能はやめといたほうがいいですよ、と。

 

他にはゲームデータの改ざんなどもあるのかもしれませんが、基本的にグラブルは各ユーザーのデータをサーバーでリアルタイムで管理しているので、私たちの目に見える範囲内での”いじり”は、あくまで表面上であって、根本はいじれてません。

サーバーデータベースの情報に侵入してデータを改ざんするのは、それこそハッカーであり、やった暁にはアカウントの利用停止では済まされないでしょうw

 

ツールについては以上です。指示語が多くてすいません。

本当にクリーンに言うのであれば、1〜3のいずれも利用しないのが健全ですが、世間体(?)の足並みに揃えようとするのであれば、外部救援ツールくらいは利用してもお咎めは無いでしょう、と勝手に思ってます。

(※利用は自己責任であり、使用にあたって問題が起きても、当サイトは一切の責任を負いません。)

 

楽しようと思って、「ちょっとだけ!」の、その「ちょっと」があなたのアカウントのライフラインを断ち切られる危険性いつでもあるということをお忘れなく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です