ここでは「Myoza」というPCで使える「簡単にモザイクを掛けられる」ソフトの紹介をします!

「Myoza(みょざ)」であって「Mozya(もじゃ)」じゃないですよ。
というか、モザイクソフトならまだ「Mozya」の方が合ってる気がするんですけどね…w

さて、「Myoza」は確かにモザイクを掛けられるのですが、
・ペイント、PhotoShopなどのソフトとは違い、1つの写真に結合は出来ない
という事を覚えていただきたいです。

つまり「Myoza」は、平成生まれの受験生であれば多くの人が経験したことのあるであろう、
・赤マーカーに緑色のシートを被せると黒くなって見えなくなる
という原理に近く、1枚の写真に対し、上から物(モザイク)を被せるという事になります。

よって、最終的に1枚の絵や写真に対してモザイクを施して保存する機能は持ち合わせていません。

とはいっても、Gyazoといったフリーキャプチャソフトを使用してしまえば、
モザイクの掛かった1枚の写真にすることは可能ではあります。

何か動画を撮影中、生放送中にどうしても隠したい箇所がある場合などに重宝しますよ!

2019年年明けにPCを自作したのですが、データの移行にてミスを犯してしまい、
結局データなしの1からのスタートになり、今回の「Myoza」の名前も忘れ、
検索してもまともに出てこなくてイライラしたため、備忘録としても記事に残しておこうと思いました。

さて、前書きが長くなってしまいましたが、早速紹介に移りましょう!

「Myoza」で何が出来るのか??

ダウンロードリンクを貼っておいても良かったのですが…貼っておくか。

DLリンク:MyozaダウンロードHP
製作者であるAkkyさんのダウンロード専用ホームページのリンクです。

ZIPファイルとなっており、解凍をすると、インストール形式ではなく、
そのまま使えるソフトとなっているので手間は一切かかりません!

「Myoza.exe」を起動すると、このような枠が出てきます。

モザイク枠内にカーソルを移動すると十字キーに変化し、ドラッグしながら移動が可能です。

右クリックをすると、Myozaのメニューが出てきて…


モザイクだけではなく、ボカシも可能。


粗さもPhotoShopほど細かくは設定出来ませんが、「粗大(5)」まで上げればかなり荒くできます!

またサイズも自由に変更が可能なので、使い勝手は非常に良く、
仕事でもキャプチャーしたものをアップロードする時に個人情報が含まれる場合、
その箇所を「Myoza」で隠して撮影をしたりするので手放せません!

「更新」や「自動更新」も、モザイクで隠した箇所に変化があった場合、
その色味や雰囲気を変えたい場合はクリックをすれば、その都度モザイクの色味(?)なども更新されます。

先程も伝えたとおり、モザイクが写真と1体化させたいのであれば、
ペイントツール、PhotoShop、その他便利なソフトが良いでしょうが、
一時的に特定の場所を隠したい場合には、
私は絶対に「Myoza」を強くオススメします!

PCのデータがまっさらになって、仕事でMyozaが必要になった時は必至にネットで探してましたからね(笑)

と、こんな感じにシンプルではありますが、非常に利便性が高いソフトです。
動画投稿者、生放送をする方はぜひ導入してみてはいかがでしょうか?
(動画投稿者は編集でモザイクを掛けるから不要か…笑)

おすすめの記事