これは一個人のプレイで思った感想なので、今楽しくエスコン7をプレイしている人、
昔からファンでこれまでたくさんのナンバリングをプレイしてきた人。

私はエースコンバットそれ自体を冒涜するつもりはないのでご了承下さい。


2019年2月1日。
国内ゲームタイトルでビッグタイトルの1つである『ACE COMBAT』シリーズの新作がPCで発売される日だった。

PS4やXBOX版はもっと早めに出ていただけにPCでプレイするユーザーは正座待機を強いられていた。

私もそのうちの一人であり、私はストーリーそのものには期待しておらず、オンラインに目を付けていた。
これまでPS1で発売されていたACE COMBAT1、2はプレイしていたので、どんなゲームなのか?というのは知っていた。
戦闘機で爽快に空を飛び、敵対する機体や対地の敵を撃破していく快感も知っていた。
(3~6のナンバリングはどうしたというツッコミはしないで)

もちろん、その基本操作や雰囲気が楽しみだった私は先に発売されたPS4版の評判が気になり、
天下のAmazon様にてレビューを見に行くと、あまり評判がよろしくないことに気がつく。

2月3日の状況

しかし、悪評を書き込んでいるユーザーの大半の内容は『難しい』という事ばかりが書かれていた。

難しいだ???知るか!!!

私は別にゲームが下手という意識も無く、かと言って格別に上手いというワケでもないため、
このような『難しい』といった難易度に関するイチャモンでエスコンの新作を買わないという選択肢を取るつもりは毛頭ない

これまでのナンバリングと比較してストーリーがなんだの、雲にはいったら画面に水滴が付く、雷で動けない、レーダーが消えるだの…
やかましい。おとなしくEASYモードでやってろ!それでクリア出来ないなら売っちまえ!!

口は悪いが、内心そんな事を言いながらワクワクして発売日当日がついにやってきた。
購入をするも、朝の5時までプレイすることが出来ず、初プレイは仕事を終わるまでお預けとなってしまった。

仕事が終わり、旧友のネトゲのフレンドと一緒に買って遊ぶ約束をしていた私だったが、
そのワクワクは数時間プレイした後に、だんだん『クソゲー』だと思うようになるとは、その時には予想していなかった。


前置きが長くなってしまいました。
わざわざストーリー調にした意味はないのですが、なんとなく書いてみたかった。

さて、ここからは『ACE COMBAT 7』がう○こだと思う所以を書き連ねてみようと思います。

操作性がうんこ

操作性が本当にうんこ。
操作性だけなんとか満足に出来るのであれば私は返金してなかったかもしれない…

どううんこなのかというと…
キーバインドの設定が出来ない
・右スティックで自分の戦闘機の周りを確認することが出来るが、あまりにも感度が高すぎて微調整が出来ない
しかもその感度の調整項目が存在しない
・(私は買ってませんが)フライトスティックが公式が認めた以外の物は認識しない
・しかもそれを事前に告知することもしていない

ざっと思いついただけでもこれくらいあります。
どれも中々酷い内容であり、最近のゲームであればある程度こういった内容の設定は出来る事が多いかと思われますが、
それすら対応しておらず、最後の2項目に関しては運営の怠慢としか言いようが無いでしょう。
このために買った人はブチギレ案件でしょうね。

フライトスティックはこんなの

スティックの感度の変更も当たり前にあると思っていましたが、存在すらしておらず
急いで周りを確認する場合に瞬時に右スティックだけ丁寧にゆっくり傾けろ??
すまん、それは『難しい』わ。

別にオンラインで1対1をしているときは感度が高くとも、一瞬だけパッと確認するのであれば全然問題は無いのですが、
オンライン戦ですと、一つのエリアに敵機や味方が複数入り混じって飛んでいるため、
感度が高すぎることによって、一瞬確認をしようとしても、味方なのか敵なのかの判別が厳しい。

操作面はこれくらいにしておいて、次は『オンライン』を軽く紹介します。

オンラインがうんこ

オンラインがうんこ。いや、言うほどうんこではないのかもしれない。

私がうんこと感じた所以は…
・発売日当日の夜であるにも関わらずオンライン人数が少ない
・クイックマッチングシステムは存在せず、誰かが部屋を建てないとそもそも始まらない
・チンタラしているユーザーが準備完了ボタンを押さないため、試合が始まるのが遅い

こんな感じでしょうか。
発売日のゴールデンタイムとは言いませんが、0次付近。しかも翌日は土曜日。
『おっしゃ!今日はオンラインやり込むぜ~~!!』
と息を巻く人が多いであろうタイミングなのに、
部屋が5個くらいしか無いときは『ん???🤔🤔🤔』と思いましたよ。

もちろん、その時点ですでに試合が始まっている部屋もあり、表示されなかった可能性も考えられますが、
2時間ほどプレイしていて、ずっとそのような感じだったので、あまり人がいないんだろうな~と。

この時点で私は『このゲーム、将来性が無いな』と思い、『返金』の2文字が頭をよぎり始めました。

最後の項目。
私はせっかちを極めている人間だとは思いませんが、ゆっくりしている人が苦手です。
8人部屋などで、周り5、6人くらいが準備完了をしているのに、残りの数人がゆっくり…
いつになったら試合が始められるのかも分からず、待っている内にしびれを切らした人が退室
それを繰り返し、中々試合が始められないなんて事もチラホラあります。

まあ、このゲームでは、部屋の製作者が強制的に試合を開始させることが可能なのですが、
それはそれで、入ってきたばかりの人が準備出来ずに出撃することにもなり、ちょっと可愛そう。

部屋に入って、出撃までの待機部屋で1分間であったり、強制出撃までの時間を設定出来るようにして欲しかったなぁ

開発陣がうんこ

あまりうんこうんこ言い過ぎると汚いブログになってしまうのでコレくらいにしましょうか。

さて、開発陣がどうう○こなのかというと…
ワイドモニターに非対応(大問題)
・(私は持ってませんが)PS4ではVR対応してるのにPCは非対応
・(先程も書きましたが)フライトスティックが公式以外のものを認めず、しかもそれを告知しない
・PS4やXBOXを先に出し、遅れてPC版を出したから何かしらPC版に最適化のテコ入れをしたのかと思えばしてない

これくらいでしょうか。
ソフトを買ってから仕事をしている間にちょこちょこSteamのレビューを覗いていたのですが…

ワイドモニターに対応してない

この文字を見た時、ゾッとしましたよ。
キーバインドの変更が効かない事も書かれていましたが、
この時は『慣れればなんとかなるだろう』と思ってました。ならんかったよ。

今どきのPCゲームなんてほとんどワイドモニターに対応してるはずなのに、
しかもバンダイナムコは大手のゲーム会社なので心配してなかったのですが、
蓋を開けてみたら非対応って…嘘だろお前…

バンダイナムコはPCゲームの状況を知らないのかもしれません。
知っていたのかもしれないけど、これ以上発売延期が出来ないという問題を抱えて、
改善せずに無理やりGOサインを出したのでしょう。

また、PS4ではVRが対応するにも関わらず、PCではVR非対応。
他のあらゆる観点から見比べてみても、
PC版がPS4番より劣化しているのは明らかです。

それでPS4版より安いならまだしも、今はAmazonならPS4版が6,600円くらいで購入可能。
対するSteamでは8,200円ほど。2,000円くらいPC版は高い。

もう開いた口が塞がらないとはこのことでしょう。
私はあまり買ったものでハズレを引いたりはしないのですが、
2019年に入り、初めて買い物に失敗をしたようです。

で、

Steamでは返金する時、
・購入してから2周間以内
・かつ、プレイ時間が2時間未満
この2つの条件を満たす時、返金をすることが出来るのですが、
私はすでに3時間ちょっと遊んでいて、返金は無理かと思いました。

一応返金リクエストを出すだけ出してみたところ、
なんとすんなり返金リクエストが受諾され、お金が戻ってきました!

購入日が1月31日になっているのは、前日に予約購入をしたため。

多分、Steam運営側も、エスコンがこんだけぶっ叩かれてるのを見て、
『これならゲーム側に問題があるんだろうな。仕方ない。』と、
こちら側の気持ちを汲み取ってくれたのだと私は思っています。

やったぜ!このお金でバイオハザードの新作買うんだ!!


さてさて、色々と書きましたが、1点だけ伝えたいことが。

それは、ストーリーモードはそこまで悪いもんじゃない(かもしれない)ということ。

購入してからオンラインをやる前に2ミッションくらいこなしたのですが、
難易度(ノーマル)、雰囲気は結構良いんじゃないか?と思いました。

まだストーリーを踏破していないので、
一概に『ACE COMBAT 7』全部がう○ことは言い切れません。

ノーマルの難易度でプレイしていましたが、戦闘機ゲームで有力なテクニックを知っていれば、
フレア(誘導ミサイルを回避する方法)を使わずとも回避する事が可能であり、
こちらが敵を攻撃する側でもミサイルを避けられる事も無かったので、
ストーリーモードはもしかしたら結構遊べたかもしれない、という後悔はありますね(笑)

とは言え、ストーリーのボリュームがどれだけあるのかは知りませんが、
ストーリーに8,000円も払う気も起きませんし、
マルチプレイを希望していた身としては8,000円なんて高すぎますし、
あの質なら1,000円くらいが妥当だと私は考えています。

ストーリーとマルチ込みで8,000円だと言うのであれば受け入れるしか無いですが、
オンラインに期待して購入を検討している人、気をつけて下さい。

操作面にがっかりする可能性もありますが、何より半年後にどれだけ人工が居るのかが心配です。
開発陣がこれからアップデートを交えて改善していかなければ、オンラインの過疎が進むのは必至であり、
なんのために大金を払ってエスコン7を買ったのか分からなくなるでしょう。

おすすめの記事