apexLegends コンバーター
注意事項
基本的にコンシューマ機におけるFPSゲームでのキーボード・マウスの操作は禁止または非推奨となっており、 ここで紹介している内容を行い、運営から罰則を受けても管理人はいかなる場合でも責任を負わないものとします。

今回はPC版ではなく、PS4版Apex Legendsでキーボード・マウスの使用が可能に出来るデバイスの紹介となります。

別の記事にてApex LegendsのPS4版とPC版での違いを紹介した記事を書きましたが、
そこでPS4のコントローラー(パッド)とPCのキーボード・マウスのプレイでは大きな差が出る事を指摘し、
いかにコントローラーよりもキーボード・マウスの方が優位にプレイ出来るかを紹介しました。

『えっ?PS4はコントローラーでしか遊べないでしょ?』

そう思う方も多くいらっしゃるかと思いますが、実はPS4でもキーボードやマウスを使うことが出来るんですね。

しかし、キーボードやマウスをPS4にUSBケーブルで挿しても反応しないゲームも存在し、
Apex Legendsなどはその筆頭であり、PS4においてキーボード・マウスを使用されるとゲームバランスが崩れる可能性があります。

『そんなゲームバランスを崩すような情報を流すなよ』

健全なプレイをしている方からすれば至極真っ当な意見ではありますが、
管理人は健全なプレイを推奨するというよりかは、やりたいことをやればいいじゃないかという考えの人間です。

冒頭の注意事項で伝えたとおり、ゲーム運営会社からするとコンシューマ機でのキーボード・マウスの使用はオススメされておらず、
(通常プレイをする分には)バレないと思いますが、それで仮にアカウントがBANされても自己責任ということで良いでしょう。

大きな利益を手するのにリスクは付き物であり、リスクを背負った途端に嘆くのは間違っています。

先程も書いたとおり、恐らくSNSやゲーム内チャットなどで(PS4で)キーボード・マウスを使っていることを発言しなければ、
おそらくはバレる心配は無いと思うので、静かにプレイしていればリスクを背負う可能性は低いと思われます。

 

さて、それでは早速本題に入りますが、今回紹介するのは『コンバーター』のたぐいになります。

コンバーターというのは『Convert』、すなわち『変換』の意味を持っており、
PS4において『コントローラー』を『キーボード・マウス』に認識させる『コンバーター』になります。

今は種類も多く出ており、何を選べば良いかわからないかと思いますが、
目安としては『価格が安くないもの』を選んでおけば動作面の心配は薄いでしょう。

価格もピンきりではありますが、高いもので2万5千円。
安いもので3千円程の品がありますが、あまり口コミの評価はよろしくないですね。

2万円くらいになってくると動作面での問題も無く、満足に利用している人が多いようです。

 

それではコンバーターの紹介にうつってみましょう。

PS4版Apex Legendsで使えるキーボード・マウスのコンバーターの紹介

ザッと商品の価格や特徴、口コミの評価などを列挙していこうと思います。

中には人気で品薄なコンバーターも存在するので、欲しくてもその場で購入が出来ない可能性もあるので、
その時は入荷まで気長に待つなり、オークションを覗いて検索をしてみることをおすすめします。

が、通販で品切れの商品はオークションにて高値で売られているケースが多いので、
定価と比較して釣り合いが取れない場合は購入を控える事を勧めます。

PS4コンバーター:XIM APEX

コンバーター XIM APEX

大変人気なのか、品切れ状態や在庫の数が少ない機会が非常に多く見受けられます。

既に使っている人が多いと思われるほどに機能面や性能面での良さが伺えますね。

価格は28,300円(2020年6月8日調べ)と、コンバーターの中では高額な部類に入りますが、
PS4以外でも使える利点もあり、口コミや評判が大変良く、持っておけばApex Legendsに限らず、
その他のFPSタイトルでも期待ができそうなので、是非とも手に入れたい1品でしょう。

created by Rinker
Xim Technologies
コンバーターの中では高価だが性能や機能面では最高峰

PS4コンバーター:Reasnow s1

コンバーター Reasnow s1

こちらはコンバーターなのですが、それ以外に恐ろしい機能が付いていますが、
そのせいか、Amazonではほぼ常時在庫切れの状態が続いており、入手は厳しめ。

その恐ろしい機能というのは…『アンチリコイル』機能。

アンチは反する意味を持ち、リコイルは反動を意味するので、
つまり反動を制御する機能を持ち合わせているインチキコンバーターになります。

反動の大きいハボックやR-99の反動を無くし、ほぼブレを無くして撃てる。
これは流石にヤバいでしょう。 品切れ状態が続くのも頷けますね。

ただ、これをPS4に接続してApexをプレイしていきなり反動がなくなるわけではなく、
スマホにアプリを入れた上で、様々な設定を行う必要があるためやや手間がかかります。

価格はAmazonにて1万7千円前後でしたが、現在は品切れ状態が続いているため、
入荷してもこの価格で販売されるかどうかは不明です。

created by Rinker
Reasnow
コンバート機能に加えてアンチリコイル機能まで付いたヤバすぎるブツ

PS4コンバーター:BLOCK SNIPER

コンバーター Brook Sniper

噂では最初に紹介した『XIM APEX』よりも良いという評判を持つ『BLOCK SNIPER』。

アンチリコイルのようなコンバーター以外の機能は持たないものの、
スマホと接続して細かい設定をすることが可能であり、
イヤホンジャックが付いてる事もあってか、人気は高いようです。

そのせいか、在庫無しの状態が見受けられ、入荷しても高い値段で販売される可能性があります。

価格は販売時は常に13,600円をキープしていたようです(2020年6月8日調べ)

created by Rinker
XIM APEXよりも安く、性能・機能面も同格もしくはそれ以上の『BLOCK SNIPER』

PS4コンバーター:GameSir VX2

コンバーター GameSir VX2

コンバーターだけではなく、左手キーボードとマウスが付いたお得セットの「GameSir VX2」。

価格は約1万4千円ほどと、内容を考えると安価な部類なので、
わざわざコンバーターとキーボードとマウスの3つを揃えるのが手間な人は、
このGameSir VX2で一気に揃えてしまうというのも1つの手でしょう。

口コミの評判も悪くないようなので、普通に機能するかとは思いますが、
他のコンバーターのみの価格と比較すると、キーボード・マウス分の価格はかなり安いと思われるので、
GameSir VX2のキーボード・マウス自体の品質に期待しすぎるのは良くないかもしれません。
(雑に扱うとすぐ壊れてしまう可能性があるかもしれません)

キーボード・マウスを持っていない人は『GameSir VX2』を購入すると出費も少なく済むでしょう。

created by Rinker
キーボード・マウス・コンバーターの3点セットのオススメ商品

PS4コンバーターのまとめ

PS4コンバーターについて調べてみると、以外なことに使用している人は思った以上に居るようで、
多くのPS4版Apex Legendsプレイヤーはコントローラーでやってるかと思いましたが、
実はコンバーターを使用してキーボード・マウスでプレイしている人が結構いるように思えます。

どうあがいてもAIMにおいてコントローラーがキーボード・マウスより優位に立つのは難しいので、
強くなりたい・もっとキルを取りたい場合には上記で紹介したコンバーターの購入を勧めます。

 

ゲーム運営が定める規定に従って真面目に健全にプレイするのももちろん良いことではありますが、
キーボード・マウスプレイを隠れて使用している人たちの中で真面目にコントローラーでプレイするのは無謀であり、
対等にやりあうのであればコンバーターは必須ですし、それ無くしてプレイしてはストレスや不満が溜まるだけです。

Apex LegendsにおけるPS4版でのコンバーターの使用は認められていないので、判明し次第罰則を受ける可能性がありますが、
基本的にはバレないですし、コンバーターを使用している人に『使うな!』と言って使用をやめるなんて事はありません。

他人を変えるのが無理なのであれば、自分の環境を変える方がよっぽど簡単なので、
あなたもコントローラーでのプレイから脱却し、キーボード・マウスでツヨツヨプレイをしてみませんか?

おすすめの記事