ゼピュロス編成

今回はゼピュロス編成について少しお話をしたいと思います。

 注意

すでに完成しているゼピュロスマンにはつまらない内容かと思われます

 

現状の風属性はマグナはティアマト編成も十分強く、渾身と確定クリティカル編成を組む事が可能であり、
シッカリとグリームニルHLを自発・周回していれば必要な武器は揃うはずです。

反対に、ゼピュロス編成はというと、無課金(ガチャ武器無し)の編成も一応ありますが、
当然のことながらリミテッド武器を並べた方が強くなるのはどの属性も同じことが言えます。

 

私は全属性を平均的に育成しているタイプではないので強弱に偏りがありますが、
風属性は(多分)そこそこ育てていると自負しています。

そこで、ゼピュロス編成を使用している管理人から、ゼピュロス編成へ移行を考えている人に一言。

ヒヒイロカネ・ダマスカス鋼・金剛晶を突っ込んでまでやらないほうが良い(かも)

という事を伝えたいがために、この記事を作成しています。

 

勘違いしてほしくないのでハッキリ言っておきますが、
決してゼピュロス編成が弱いというわけではありません。

が、それは風マグナと比較しての話であり、
他属性と比較すると… まあ、その話は後で紹介します。

もくじ

1.風マグナの強さと課題点について

まずは風マグナの武器などに関する話や強さの紹介をし、
その上で、足りないところや課題点などについても紹介していきます。

1-1.風マグナの武器と強さについて

新しいレガリア武器が追加されたマグナIIの現在では、一部の属性を除いてそこそこ強い(はず)です。

(一部、というのは水マグナですが…もうちょっとなんとかならないんですかね)

先程も伝えたとおり、風マグナはグリームニルHLから落ちる武器で渾身技巧を確保出来ます。

ラストストームハープ

両面マグナであればグリームニル琴×3本でクリティカル確定。
片面マグナであればグリームニル琴×5本でクリティカルが確定です。

また、マグナIのティアマトの銃はマグナ攻刃に加えて背水も付いているので、
5凸をし、スキルレベル20まで上げればHPが下がっても火力の底上げが可能です。

渾身寄りか、背水寄りか、またはハイブリッド型にするのかなど、
編成のタイプの幅の自由度が高く、装備も比較的集めやすい属性です。

 

風マグナ中~長期

パッと思い付きで中・長期用で戦う場合の編成を考えて組んでみました。

マグナII新武器は使わず、既存のマグナII武器の【ラストストームハープ】に加え、
マグナIの【ティアマトボルト・マグナ】を採用した形です。

他にはアストラルウェポンや、四象降臨で入手可能な武器であったり、
天使武器、終末武器、バハ武器の構成となっています。

 

長期と書いてしまいましたが、耐久面に不安がある場合は、
終末武器をドラゴニックウェポンに切り替えるなどすると良いでしょう。

 

風マグナ中~長期 敷居高め輝羅煌閃杖

また、上記の編成はほぼ風マグナの理想形のような編成ですが、
新マグナII武器である【輝羅煌閃杖】4凸を3本採用した形になります。

 

この編成はマグナ克己と技巧で確定クリティカルな上に、
HPの確保・連撃率DOWNを受けない限り風キャラが確定でDAをします。

しかも、技巧込みのダメージも【ラストストームハープ】を複数本編成した火力を上回るので、
集めて育てただけの見返りはシッカリと返ってくるのでありがたいですね。

 

ただ、個人差はありますが、私は全くどころか、未だに1本も持っておらず、
ドロップ率は非常に低いため、集める労力が非常にかかるのが難点。

これを目指すのは、よほど余裕を持て余した方であり、
基本的には【ラストストームハープ】を集める事を重点に置くべきでしょう。

1-2.風マグナの課題点について

確かに風マグナは装備が揃えば揃うほど火力が目に見えて上がります。

しかし、これはマグナ武器に技巧が付いている属性の宿命ではあるのですが、
複数本装備し、確定クリティカルを狙うと必然的に装備の枠が奪われてしまう。

これによって【支配の天秤】を用いた天秤編成を組むのが難しくなり、
編成にオリジナリティが無く、画一的なものになってしまいがちです。

風属性はキャラで火力を出せて、有利属性相手に様々な手段を講じれるので問題はありませんが、
編成に個性を出したい人からしたら、なんだか面白みの無い属性になってしまいますよね。

実践面の欠点ではありませんが、個人的な不満というのは出てきてしまいそうです。

 

また、渾身というのはHPの高さで火力の高さを維持するシステムとなっており、
開幕から高火力を出すのが得意ですが、HPが減ると火力の減少が生じます。

その減少を緩やかにするのが【ティアマトボルト・マグナ】の役割でもあるのですが、
HPが50%、またはそれ以下まで削られてしまうと、もはや【ラストストームハープ】の渾身は役に立たず、
ただ技巧スキルだけの武器になり果ててしまうのが問題点とも言えます。

渾身武器を複数本編成していれば、HPが減少するに比例して、火力もかなり減っていきます。

 

風属性は十二神将のアンチラの1アビでHPを100%分回復するので、
持っている方はフルオート中でも、HPを回復したいタイミングだけ手動でも良いでしょう。

他にも全快ではなくとも回復スキル持ちのキャラはいるので、
中~長期戦で、なおかつ渾身武器を多めに編成している方は編成しておきたいですね。

管理人のオススメキャラとしては、ティアマト(SSR)がフルオートでも回復をする上に、
マウントや攻防DOWNなどバランス良く期待以上の仕事をこなしてくれるのでおすすめです。
(ティアマトほどフルオートで活躍するキャラは他に居ないような気がするほど働き者)

 

と、伝えたいことを話し忘れそうなので最後に。

従って、確定クリティカル編成のために同じ武器を複数本編成すると、
HPを削られた時に活躍する背水武器を多く編成出来なくなります。

闇属性であれば水着ゾーイの2アビでPT全体のHPを1にし、背水の恩恵を100%受けることを開幕からでも可能ですが、
風属性に関してはそういったキャラは居ないので、なるべく主人公や一部のキャラで渾身を維持出来るよう、
必要な場面に応じて手動でも良いので回復をし、渾身編成でHPを維持して戦う事が重要かと思われます。

2.ゼピュロス編成の強さと課題点について

私自身、ゼピュロス編成を完璧レベルまで装備を揃えたとは思っていませんが、
ある程度必要な武器などは集めたので、育成するにつれてどういう変化が起きるのかが分かってきました。

それは

力による強さではなく、安定感が強化されていくだけ

ということ。

例えば火属性なら渾身の【イクサバ】。
水属性なら渾身や技巧持ちの【ガリレオサイト】や【太歳精弓】。
土属性なら渾身の【一期一振】。
光属性なら渾身の【エデン】。
闇属性なら渾身の【フォールンソード】。

基本的に渾身付きのリミテッド武器を紹介しましたが、
これらを並べるだけでバカみたいに火力は伸びていきます。

 

風には…?

もちろん渾身が付いたリミテッド武器はありますよ。

2-1.ゼピュロス編成でオススメとされる武器の紹介

風のマグナで必要とされる武器や理想については先程触れました、
ゼピュロス編成ではどんな武器を組むのがオススメなのでしょうか?

背水や渾身などで目的は様々だと思われるので、完成形の紹介はしませんが、
よく使われる武器の紹介や、使ってみた感想などを紹介していこうと思います。

 

土でも同じように紹介しましたが、土は風と違い、天秤編成がオーソドックスなので、
おすすめとする武器の種類が限られるのに対し、風は天秤編成が基本ではありません。

また風は何かと優秀な武器が多いので、ここで紹介する武器が多くなってしまうため、
武器をリストアップした上で、詳細を見たい場合はクリックして頂ければコメントを確認出来るようにしました。

【必須枠】絶対否定の槍 終末武器

絶対否定の槍絶対否定の槍 スキル

終末武器は今や編成するのは当然とされるくらいには強力な武器です。

可能であれば5凸を用意したいですが、出来ない場合は4凸でも大丈夫でしょう。

また、他に優秀な武器を多く持ち、終末武器の5凸が出来ていない場合、
もしかしたら終末4凸(3凸)を編成せず、得意武器縛りが可能ならオメガ武器を入れ、
終末武器無しの編成を組んだほうが強い事もあるような気がします。

そのあたりは計算機を叩いて調べてみる事をおすすめします。

【計算機】グラブルの編成における計算機のオススメサイト
  1. 【簡易版】グラブル装備シュミレーター(クリックで新しいタブが作成されます)
  2. 【詳細版】元カレ計算機(クリックで新しいタブが作成されます)

新武器追加の際、対応が早いのは【元カレ計算機】ですが、
手軽に大体のダメージや連撃率を確認できるのは【グラブル装備シュミレーター】です。

管理人は基本的には①を使用していますが、
詳しいダメージ値、HPの増減による渾身・背水のダメージの推移などを確認したい場合は②を使っています。

 

前者はフィーリングで操作することが出来ますが、後者は手が込んでいるため、
初めて利用される方は何をして良いのか分からないかと思われます。

そこで、管理人は説明が面倒くさすぎるので、操作の説明を避けるために、
PONTAKOBLOGさんのブログの記事をお借りさせて頂きました。

お前が説明しないんかい!』というツッコミは…キツイっす!

【対土必須枠】果てぬ風呼の魔弓 天使武器

果てぬ風呼の魔弓果てぬ風呼の魔弓 スキル

対土属性相手、つまり有利にダメージを出せる相手に対し、
更にダメージを出せるようになる上限UP付きの武器となります。

4凸はしていなくても、礎となる武器は持っている方も多いと思うので、
この武器は優先的に強化することをおすすめします。

仮に風マグナ編成でもこの武器は編成に入りますよ!

【どこでも】エターナル・ラヴ【Limited】 ロゼッタ開放武器

エターナル・ラヴエターナル・ラヴ スキル

エターナル・ラヴ(以下:エタラブ)は、現状風のリミテッド武器の中でも、
1番最初に実装されて時間が経っても最強の武器と言えるかもしれません。

エタラブはいわゆる『W攻刃』の武器であり、攻撃力を底上げするのに向いている武器であり、
なおかつ、DA率UP(中)が付いているので、連撃率の補強にも繋がります。
(厳密には無双は攻刃ではないのでW攻刃ではない)
(両面4凸ゼピュロス編成でエタラブ4凸×3本で確定DA発生)

しかも、メイン武器で使用し、奥義を撃てばPT全体の連撃率を上げる事も可能。
(DA/TA率ともに35%UP)

 

エタラブに関しては、1~3本程度の編成が見込めるため、
複数本持っていても腐ることは考えられない強い武器です。

【渾身用】虚無ノ慟風【Limited】 グリームニル開放武器

虚無ノ哭風

風の通常渾身武器。それが【虚無ノ哭風】。

なぜリミテッド武器で渾身付きの武器に限った話をしているかというと、
基本的にリミテッド武器で渾身が付いている武器はもう一つのスキルが優秀なケースが多いです。

火:【イクサバ】通常攻刃(特大)/通常渾身(中)
水:【ガリレオサイト】通常渾身(大)/通常克己(DA中/クリ中)
土:【一期一振】通常攻刃(特大)/通常渾身(中)
光:【エデン】通常攻刃(特大)/通常渾身(中)
闇:【フォールンソード】通常攻刃(特大)/通常渾身(中)

風:【虚無ノ哭風】通常渾身(大)/通常恩寵(HPup中/弱体耐性up中)

なぜ第2スキルが火力に結びつかない恩寵を付けたのか…

 

確かに、恩寵によって最大HPは上がるので渾身の維持のしやすさは上がり、
弱体耐性UPも、知らずのところでレジストをしてくれていたのかもしれません。

しかし、恩寵は火力ではなく、安定感が向上するだけ。

せめてガリレオサイトを見習ってほしかったものですが、風属性のリミテッド武器の攻刃武器は種類が多く、
あまり多く敷き詰めても、同じ攻刃スキルを敷き詰めても本数が増えると伸びが悪くなってしまいます。

従って、攻刃過多な属性になりやすいため、TAupと攻撃upの【乱舞】や、DAupと攻撃upの【克己】、
攻撃upとクリupの【刹那】などのスキルを付けて欲しかったですね。

もしくはデメリット込みでも良いので【暴君】や【羅刹】などでも良かったです。

攻撃upとHPupの【神威】は【リユニオン】に付いているので割愛。
(スカイエースに乱舞が付いてましたね。これも割愛)

 

編成される本数ですが、ここでいかにもクソ武器のように解説してしまいましたが、
渾身スキルレベル15は当然強いので基本的に1~2本が想定されます。

【HPと火力用】リユニオン【Limited】 リーシャ開放武器

リユニオンリユニオン スキル

先程紹介した【エタラブ】と比較すると優先度は低いですが、
それでも1本は持っておきたい武器の候補として挙げられます。

こちらもいわゆる『W攻刃』の部類ですが、エタラブは無双(中)であり、
リユニオンは神威(小)ですので、ダメージの面でやや劣っているのと、
無双にはDA率UPも付いているので、ターンダメージの期待値はエタラブの方が上になります。

 

ただ、安定を取るためにはなんと言ってもHPの確保が必要であり、
渾身編成であれば、HPを多く盛っていれば割合ダメージが来ない限り、
HPの減少割合は緩やかですので、高火力を維持しやすいというメリットもあります。

 

また、メインで持ち、奥義を撃てばPT全体に風属性攻撃UP(20%)とストレングス(最大15%)を撒けるため、
初手から奥義を撃てるキャラ編成やスキル構成であれば、早い段階から高い火力を出す事が可能になります。

 

ルシファーHLやベルゼバフHLなど、慣れない内はリユニオンをセットし、
他は堅守や神威などの装備を多く付けて挑むと結構安心して動けますよ。

編成される本数は基本的に1本。
高難易度に挑む際は2~3本あれば十分です。
(多分3本あってプラスもしっかり振られてればHP10万くらい行くのでは…?)

【奥義軸用】スカイエース【Limited】 モニカ開放武器

スカイエーススカイエース スキル

風のリミテッド武器内では優先度は最も低いと管理人は思っていますが、
奥義軸の編成であったり、古戦場1500万や2100万では必ず編成する武器です。

通常殴りの編成で採用するかどうかは…まあ好みで使い分けると良いでしょう。
一応気持ち程度にTA率UPと攻撃力UPが付いてるのでね…

ちなみに4凸7本編成してようやく確定TAします。いらない情報でした。

 

また、必殺による内容ですが、

両面ゼピュ×スカイエース4凸1本
奥義ダメージ:47.5%UP
奥義ダメ上限:25.84%UP
片面ゼピュ×スカイエース4凸1本
奥義ダメージ:30%UP
奥義ダメ上限:16.32%UP

となっているため、基本的に編成される本数は1~2本が想定されます。

それ以上はグラブルの必殺や奥義上限のシステムの変更が加わらない限り
刀エレメントにしても良いかもしれませんが、管理人は一切の責任を負いません。

【アビダメ用】イーウィヤ・ビーク 風六龍マルチドロップ武器

イーウィヤ・ビークイーウィヤ・ビーク スキル

アビダメの威力を上げたい人は絶対に確保しておきたい武器。

4凸し、レベルを150にすることによって『翠の誓約』が開放され、
敵最大HPの1%分のダメージをアビダメに加算する武器となっています。

1%とはいっても、最大10万までであり、複数本編成による上限は20万まで(らしい)。

すなわち、ビークは編成しても最大2本までというのが通説となっています。

 

これを編成する・しないでは多段判定のアビダメの威力は目に見えて変わるので、
アビダメが豊富なキャラを使用する人は頑張って4凸2本は用意したいですね。

アビダメが優秀なジョブ・キャラ(おすすめは赤字)

【主人公 クラス4~EX2】
・ハウンドドッグ:タイム・オン・ターゲット
・クリュサオル:ディストリーム
モンク:武装術/金砕棒メイン装備時など
ロビンフッド:ビギニングアロー/アクロバットヴォレイ
・ソルジャー:ジョン・ドゥ(天聖)装備時

【キャラクター SSR】
メーテラ:2アビ(エーテリアルシャフト時なら更に↑)
・メリッサベル:2/3アビ
・シエテ:2アビ
(バレンタイン)グリームニル:2アビ
スーテラ:多段は無いが風キャラの与アビダメUP
シャトラ:2アビ

・天宮ミモリ:3アビ
ノイシュ:2アビ

ここで掲載したのは【Hit数が多く、ダメージ上限が高め】のジョブやキャラとなります。

決して赤字ではないキャラが弱いということはないので、
もしアビダメ軸で遊びたく、赤字キャラを持ってない場合はピックすると良いでしょう。

【EX枠】イノセント・ラヴ アストラルウェポン

イノセント・ラブイノセント・ラブ スキル

アストラルウェポンシリーズでの風属性の武器となります。

完成させればEX(極大)のスキルレベル20とぶっ飛んだ強さになり、
第2スキルがサブ編成でも効果を発動するようになります。

この武器はメインをランバージャックなどで持てるので、無理に5凸させる必要性は薄いですが、
ジョブをモンクでプレイする人も多い事を考えると、5凸出来るならしたほうが良いでしょう。

 

奥義効果は風キャラのクリティカル率UP(倍率30%/発動率50%)に加え、
風属性攻撃UP(20%)が付与される優秀な奥義効果を持っています。

ただし、【バレンタイングリームニル】と【バイヴカハ】を編成し、
双方が奥義を撃つことによって【イノセント・ラヴ】の奥義効果の上位互換を得られるので、
キャラ編成次第ではメイン武器を変えたりなど工夫をすると良いでしょう。

【バレグリム】クリティカル率UP(倍率30%/発動率100%) / 会心効果 / 4000分バリア
【バイヴカハ】風属性攻撃UP(20%) / 土属性軽減(20%)
※これらは全てPTの風属性キャラ全員に恩恵があります

【奥義ダメ&上限UP】アナザースカイ 風ヴィーラ開放武器

アナザースカイアナザースカイ スキル

4凸してません。

主に古戦場の1500万や2100万で優先的に編成される武器です。

奥義ダメージや上限を伸ばせる必殺持ちの【スカイエース】とはやや異なり、
【アナザースカイ】はイクシードと秘奥で分けられています。
まあ似たようなものですが…厳密には違いがあります。

 

アナザースカイとスカイエースは何本セットするべきなのかという話ですが、

【アナザースカイのイクシードの上限】
15%(上限30%) …つまり同名スキルの武器は2本まで

【スカイエースの必殺の上限】
片面:16.32% / 両面:25.84%(双方ともに上限30%) …つまり同名スキルのスキルは2本まで

【奥義ダメージ上限の上限値】
最大上限95%ですが、イクシードと必殺は1つのくくりで合計上限値が60%
(イクシードの上限30%+必殺の上限30%で算出されたのがその60%)

従って、
【片面ゼピュロス】アナザースカイ2本+スカイエース2本
【両面ゼピュロス】アナザースカイ2本+スカイエース1本 (ちょっと上限に達してない)

が最適解となります。

ちなみに風のイクシード武器は他に【ハツオイイルハル】が存在するので、
アナザースカイ2本を【アナザースカイ×1 + ハツオイイルハル×1】でもいいですし、
ハツオイイルハル×2】でも大丈夫です…が、ハツオイイルハルは背水とイクシードなので、
組んでも奥義の威力が上がらない時点で、他の武器で威力を上げないと上限ダメージを出しづらい点には注意。

その点、アナザースカイは第1スキルに攻刃が付いているので安心出来ますね。

【耐久用】インドラリム (主に)ガルーダドロップ武器

インドラリムインドラリム スキル

『こんな強い武器がドロップ武器で良いんですか!?』
と思うくらいには優秀なスキルを持ったドロップ武器です。

主にガルーダやバイヴカハにてドロップする武器ですが、
ゼピュロス編成にするなら2~3本くらいは完成させておきたい代物。

基本的に第2スキルの堅守を目当てに編成することが多いのですが、
第1スキルは攻撃とクリ率が中程度UPする刹那が付いているので火力面も多少は恩恵を受けます。

管理人は高難易度マルチで採用することが多いですが、
古戦場の100/150Hellのフルオートでも活躍出来るはずです。

編成される本数は0本~3本程度を想定しています。
正直無くても普段は困らないけど、備えあれば憂いなし、という物です。

【無課金編成用】ウニウス バイヴカハドロップ武器

ウニウス ウニウス スキル

ちょっと集めるのが面倒な武器ですが、無課金ゼピュロスをやるなら必須級の武器です。

通常攻刃に加え、エピックウェポンシリーズの武器を編成すればするほど
攻撃力が上昇する【エピックブランド・ゲイン】を持っています。

ちょっとここではエピックブランド・ゲインの計算式を紹介するのが面倒なので、
(また)外部サイトの情報を引っ張ってきます。許して。

まあ、ウニウスを編成し、最大限の恩恵を受けたければ、
【ウニウス×4+ル・フェイ×1】といった構成が良いということです。

ウニウス 編成例

ウニウス4本とル・フェイ1本を編成した構成を考えてみましたが、
これでもかなりの高火力を見込める編成となっているのでおすすめです。

ただ、労力が掛かるのと、最大限のエピックブランド・ゲインの恩恵を受けようとすると、
必然的にかなりの武器枠を取られるので、他に編成出来る武器の幅が狭まる事がデメリットに。

 

無理に最大限の恩恵を受けようとせず【支配の天秤+ウニウス+ルフェイ】のエピック3種類を使用し、
他の武器の編成の幅を利用できる構成なども決して悪く無いので考慮してみるのも良いでしょう。

ウニウス 天秤編成例

こういうのでもOK

【ダメージ上限UP】青龍牙矛・邪 四象交換武器

青龍牙矛・邪青龍牙矛・邪 スキル

イベント【四象降臨】でポイントにて交換が可能な武器であり、
そこから特殊強化することによって【邪】になる武器です。

邪はスキルレベル15でキャラのダメージ上限が7%上昇します。

ダメージの上限なので、アビダメでも奥義ダメでも通常攻撃でも上昇します。

 

持っている方も多いと思うので、武器枠に空きがあるなら優先的に採用すると良いでしょう。

【1500万/2100万用】ヴィントホーゼ ブレグラ武器

ヴィントホーゼヴィントホーゼ スキル

イベント『ブレイブグラウンド(でしたよね?)』の火属性有利(でしたよね?)で入手が可能な武器。

従って、手に入れたいからと言って、いつでも取れるワケでも無ければ、
ガチャのフェスのように定期的に期間限定で開催されて入手が出来るわけでもありません。

下手したら1年間でこの武器を入手出来ない可能性もあるので、
ブレグラ武器は開催毎に出ている武器を積極的に回収しましょう。

 

さて、このヴィントホーゼですが、スキルはEX枠であり、
第2スキルにチェインバーストの性能がUPするスキルが付いています。

また、奥義効果では、PTメンバーの奥義ゲージが10%伸び、
発動ターン中、味方の奥義性能がUPする奥義特化の武器です。

従って、古戦場の1500万や2100万などで明確な役割を持ち、
クリュサオルによる数ターンで貢献度を大きく稼ぐ時にも採用されます。

 

普段使いとして採用する事は(管理人は)ありませんが、
他に優秀なEX枠の武器が無かったり、枠が空いていたりする場合は入れるのも良いでしょう。

【短期用】(オールド)ナラクーバラ (主に)ナタクドロップ武器

オールド・ナラクーバラオールド・ナラクーバラ スキル

編成でM方陣の攻撃力上昇スキルが足りてない場合や他に編成してない場合は、
基本的に【オールド】のナラクーバラをセットしたほうが強くなります。

ナタクから主にドロップするので、マルチの難易度を考えると周回はしやすい方ですが、
一般的にオールドシリーズはドロップが渋いと言われるので、根気が必要です。

ドロップ以外にも、栄誉の輝きで交換も可能なので、
月の在庫が更新されるまえに交換して集めるのも手です。

 

ナラクーバラは、バトル開始から8ターンの間、攻撃力が上昇し、
更に暴君という最大HP-10%のデメリットは持ちますが、こちらも攻撃力が上昇。

オールドナラクーバラであれば、M方陣の攻撃力を十分なほど確保出来るため、
ティアマト武器の攻刃武器よりも優先的にピックするべき武器となります。

 

ちなみに、暴君はスキルレベルが上昇しても1本あたりでは-10%固定であり、
複数本編成による減少最大割合は-70%のようで、8本目以降はマイナスされない模様。

2-2.ゼピュロス編成で持っておくと良さそうな武器の紹介

ここからは『必須ではないけれども、用意しておくと良い』といった武器を紹介します。

状況や必要に応じて、余裕があれば用意・作成を考えておくと良いでしょう。

【アーカルム用】プロキシモ 英雄武器

プロキシモプロキシモ スキル

次で紹介する【ヴァッサーシュパイアー】の完成形の一歩手前の進行度の武器です。

アーカルムなどでメインで装備し、ディストリームで大体の敵は非有利相手でも沈んでいきます。

勿論、ある程度以上の整った編成である事が前提になりますが、
1ポチで戦闘が終わるのは非常にストレスレスで快適です。

 

恐らくですが、非有利相手でも【イーウィヤ・ビーク】を編成していれば、
ディストリームによる1発づつのダメージの威力は上がると思われます。
(上がらなかったらごめんなさい)

ちなみに、プロキシモをヴァッサーシュパイアーにしてしまうと、
今紹介したような1ポチ討伐が(出来ないとは言わないが)かなり難しくなるので、
プロキシモとヴァッサーシュパイアーを1本づつ用意するのが良いでしょう。

【古戦場犬狩りなど】ヴァッサーシュパイアー(魔極) 英雄武器

ヴァッサーシュパイアーヴァッサーシュパイアー スキル

主にブローディアHLで2、3パンしてMVPを狙う編成などで使っていましたが、
古戦場のEX、EX+にて1500万や2100万を狙う編成でも活躍します。

 

第2スキルに魔極を付けることにより、奥義に追加ダメージが発生するのが特徴ですが、
デュアルアーツを使用し、2連続で奥義を撃つその2発目の奥義ダメージにも追加ダメージが入ります。

攻刃や必殺など奥義ダメージ自体を底上げするスキルは付いていませんが、
追加ダメージがダメージソースとなるので、後少しで目標ダメージに届くといった場合は作成してみると良いでしょう。

 

注意事項としては、片面黄龍で2ポチ(デュアルアーツ+アーセガル)で倒す場合、
コンパニオン武器(第2となる剣or刀の武器)がヴィントホーゼであり、
なおかつキャラ2番手はシエテorニオを配置しないとフルチェインが狙えなくなります。

時間が経ったり、管理人の想定外の武器をセットすることにより、
上記の場合に限定された編成以外でも可能になる事があるかもしれません。

【古戦場犬狩りなど】無銘金重(魔極) 英雄武器

無銘金重 風無銘金重 風 スキル

装備やキャラが整ってくると、古戦場のEXやEX+は無銘金重の優先度が高くなる場合があります。

第2スキルに魔極を付けることで、奥義発動時に味方の奥義ゲージの上昇量が上がるため、
工夫次第では開幕からフルチェインを狙えたりする面白い武器です。

 

こと風においては2021年に登場した干支キャラである【シャトラ】の登場により、
メインを無銘金重にすることで色々と悪いことが出来てしまうようになりました。
(シャトラを2番手に配置し、メインを剣豪+無銘金重でシャトラ1アビを押すと…?)

詳細は動画を撮ってみたので見て頂ければ分かると思います。

これは風属性に限った話ではなく、他属性でも可能ですので、
シャトラを持っている方はぜひ、他属性でも試してみると良いでしょう。
※この手法で他属性で1ポチ2100万を達成出来る装備の敷居は非常に高いです。
→風なら実質5チェインですが、他属性の場合、シャトラの奥義ダメージは無いに等しいため

【アビダメ軸で】金砕棒 英雄武器

金砕棒金砕棒 スキル

モンクがメインで装備することが可能な武器の英雄シリーズです。

スキルは選んで付ける事は出来ませんが、デフォルトで優秀なスキルが付いています。

【第1スキル】修練の構えによるカウンター回数(3→5回) / 効果時間(2T→3T)
【第2スキル】武芸百般のダメージ回数(4→6回)

また、奥義効果で4回の自属性の攻撃が入るため、
アビダメの威力上昇や上限UP系と組ませることにより、
非常に高いダメージを定期的に発生させることが可能です。

アビダメを出来る限り高く出せる編成を組んだところ、
通常攻撃による威力がかなり落ちてしまいました。
(アビダメUPスキルの武器積んでどうするんだ、と撮ってから思いました)

金砕棒のダメージのために撮った動画ですが、
グリームニルやシャトラのアビダメに目が行ってしまうのは…仕方ないですね…

【連撃補強】ル・フェイ バイヴカハドロップ武器

ル・フェイル・フェイ スキル

ル・フェイはドロップ武器でありながらHPは下がるが火力の上がる【暴君】に加え、
DA/TA率が上がる【三手】が付いている優秀な武器です。

HPの減少はリユニオンや虚無ノ哭風などで盛れるのであれば、
暴君のデメリットはあまり気にならない程度なので枠があまっており、
他に優先的にピックしなければならない武器が無い場合は組んでしまいましょう。

 

また、エピックシリーズな事もあり、ウニウスの第2スキルの枠に含まれるため、
ウニウス編成を組む場合はル・フェイも一緒に組むと相乗効果が見込めます。

 

暴君のデメリットもあるので、編成は0~2本程度を想定すると良いでしょう。

【奥義上限UP/背水用】ハツオイイルハル ティアマトマリスドロップ武器

ハツオイイルハルハツオイイルハル スキル

ハツオイイルハルはドロップ武器ではありますが、入手手段が【ティアマト・マリス】からなので、
どんな人でも簡単に集められるか?と言ったら…素直に首を縦には振れないですね…

とりわけ用意しなければならない必須級の武器でも有りませんし、
ティアマト・マリスに問題なく挑戦出来るような火属性の編成が整ってから集めると良いでしょう。

属性が異なるのでここでは詳細を紹介しませんが、
ティアマト・マリスはハツオイイルハル以外に【マジェスタス】という、
【神威+堅守】のスキル構成の闇属性の杖武器がドロップします。

その杖は闇で高難易度に挑む際には持っておきたい武器ですので、
並行して集めるようにするのが精神的には良いでしょう。
(ドロップが偏る場合もあるのでなんとも言えませんが)

 

で、ハツオイイルハルについてですが、優秀なスキルを持っている!というわけでもなく、
かと言ってどうしようもないスキルを持っている武器ではないんですよね。

【イクシード+背水(大)】の構成ですので、奥義上限を伸ばしたい場合には編成し、
HPが減るような相手を想定した際に組まれる可能性のある武器として候補に上げました。

ただ、イクシードは奥義ダメの上限は上がりますが、HPが100%では火力UPの要素が0なので、
余程装備が揃っている場合以外では、古戦場の肉狩りなどでは活躍するのは厳しいです。

無理に集めに行くというよりかは、日々自発をして、集まったら良いなくらいで良いでしょう。

【ディスペル用】真・黄木天の箭 ゼノ・サジタリウス撃滅戦武器

真・黄木天の箭真・黄木天の箭 スキル

定期的に期間限定で開催される『ゼノ・サジタリウス撃滅戦』で入手が可能な武器。

まだ200レベルまで上げていませんが、200レベルにすると、
1アビに【最大HP上昇(小)】が追加されます。

2アビは主人公が被ダメージを受けないことが前提なので無いものとして考えても、
奥義効果で敵の強化効果を2つ消去出来るのは古戦場のHellなどで活躍が見込めます。

 

恒常イベントではないので、開催されている内に1本は作っておきたいですね。

2-3.どんな編成が実用的なのか

結局、ゼピュロス編成で効率良く火力を上げたいのであれば、W攻刃の【エターナル・ラヴ】を2~3本編成するのが良く、
確かに【虚無ノ哭風】を編成するのは強いですが、せいぜい1本、多くて2本組むくらい。

他は攻刃特大と神威を持った【リユニオン】を1本程度と、その他必要な武器を入れるくらい。

ゼピュロス編成

風はアビダメが優秀なキャラが多いので【イーウィヤ・ビーク】を採用しましたが、
必要に応じて【スカイエース】や他の武器と入れ替えたりしても良いでしょう。

で、ここまでリミテッド武器などを揃えても…確かに強いのですが、
正直他の属性と比べて有利属性相手にはやや火力が見劣りしてしまいます。

 

まあ無属性などで貢献度争いをする場合など、あまり風属性の人を見る事はないので、
出番は有利属性である対土属性で無双することくらいしか役割がありません。

あとはルシファーやベルゼバブなどの高難易度マルチで安定して動ける事くらい。

 

【虚無ノ哭風】や【リユニオン】でHPが底上げされるので、
下手に動いても一部の単体超威力の攻撃などを除いては簡単に落ちることはありません。

ゼピュロス HP 編成 ゼピュロス HP

高難易度に挑む際は青龍の槍を【インドラリム】に変えて堅守にするのもいいです。

もしゼピュロス編成をするなら、攻撃up+クリup+堅守持ちのインドラリムはとても優秀で、
無課金で集めることが可能なので4凸を2、3本確保しておくといいでしょう。

 

これで武器やキャラ、召喚石にプラスを振ればもっと伸びますし、
賢者の召喚石である【テンペランス】は風キャラのHP30%UPを組めば更に伸びます。

確か全てに振った際、キャラのHPは主人公以外でも7、8万くらいだった気がします。

でも、そんなにいらないでしょう?笑

 

風属性は十天衆のニオを入れていれば開幕から結構な火力で戦う事が出来ますが、
最近は…管理人個人はもう使っていないので、結構スロースタートであることが多いです。

バフ・デバフをある程度盛ったら結構ゴリゴリ行けるんですが、
アビダメで遊びたい人間性なのか、あまりバフを撒くキャラを編成してないのが原因でしょう。

そこは手持ちのキャラと、どう使いたいかなどを考えて編成を組むと良いでしょう。

2-4.ゼピュロス編成の課題点について

これといった課題点は思いつきませんが、やはりリミテッド武器をもう少しなんとかして欲しい。

あまりにも攻刃スキルが付いたリミテッド武器が多すぎるので、
攻刃以外の火力に直結するスキルの武器の実装をして欲しいですね。

まだ風のリミテッド武器には【技巧】や【進境】などが無いので、
こういった武器を追加されれば、ゼピュロス編成が輝く可能性があるでしょう。

もしくはアビダメUPと上限UPの【技錬】でも遊べる幅が増えそうです。

 

ゼピュロス編成はリミテッド武器を敷き詰めれば詰めるほど、火力<安定が増すので、
風を強くするためにゼピュロス編成にする!』というのはあながち間違ってませんが、
火力による強さを手に入れるのは結構厳しいものであると知っておいて欲しいです。

なんなら、装備の揃った風マグナの編成の方が脅威にもなり得るかもしれません…w

 

なんだか愚痴みたいになりましたが、安定感は他の属性と比較しても、
ゼピュロス編成は頭一つ抜けてるので『かゆいところに手が届かない』という印象です。

3.風マグナ編成とゼピュロス編成のどちらが良いか

もちろん、ここまで紹介してきた編成は多くの事例のうちの一部でしかないので、
他にもタイプの違う編成はいくつも存在するので、どっちが良いとは言えません。

ゼピュロス編成でもアビダメ軸の【イーウィヤ・ビーク】を2本採用し、
更にアビダメ上限UP系の装備を編成してアビダメで削るPT。

スカイエースや奥義ダメージや上限UP系を敷いた奥義軸で、
十二神将のシャトラやシエテ、ユエルなどを用いた奥義連打PT。

遊び方が複数楽しめる面白い属性ではあるのですが、
正直貢献度レースするようなどこでも出張出来る属性ではないと思います。

 

▶ガチャを引いてきて、風のリミテッド武器がなんだかたくさん余ってる。

▶石もゼピュロスはあるし、ラファエルもある。何ならジャッジメントも作れる。

そんな感じで余裕のある人が『作りたければ作っても良いんじゃないか』という感じです。
(※あくまで個人的な意見です)

 

ですので、特に風に対して思い入れが無かったり、色々な遊びをしてみたいという考えがない場合、
基本的にコツコツと風マグナの装備を集めて強化するのが堅実であると管理人は考えます。

 

一昔前であれば、風マグナの欠点に『HPの低さ』が存在していたのですが、
今は四象武器の登場や新マグナII武器によってHPの底上げが可能になったので、
デメリットが目に付き辛い強い属性になったのが大きいですね。

ご自身の手持ちの装備や召喚石、強化系アイテムの残量などと相談し、
後悔しない自身がある方はゼピュロス界に足を踏み入れてみるのが良いでしょう。

おすすめの記事